あそくま号・サンライズ号 乗車体験 口コミ情報館

関西と熊本を結ぶ高速バスのサンライズ号とあそくま号。できるだけ丁寧にそのレポートをしてみます。バスってしんどいでしょ?という声をよく聞きますが、それなりのメリットデメリットあります。メリットの方が多いと思います。少しでも初めて乗る方のお役に立てればと思います。

あそくま号・サンライズ号(熊本)のデメリットとその対処について

 

f:id:honeysuckle01:20130823164448j:plain

 

あそくま号を利用するメリットについては、以前のブログでお知らせしたとおりですが、当然この安さである理由はあるわけです。

デメリット=よくないところ・弱点ではありますが、考え方次第で、克服できるところもありますので私の思うところも記したいと思います。

 

 

  1. 一晩、狭い車中で過ごさなければならない。

  2. リクライニングやレッグレストがいまいち(あそくま号はレッグレストなし)

  3. 長い時間をどう過ごしていいかわからない。

  4. トイレが狭い(特に、あそくま号)

 

以下、言い訳・・・ではなく、まじめに前向き思考で対策を考えてみました。

 1. 一晩、狭い車中で過ごさなければならないことについて

 まずは席の問題について。確かにいちばん気になるところだと思います。サンライズは3列シートですが、あそくま号は2列・通路・2列の配置になっていますので、隣の人と近いです。ですから、ここに書いてあることの問題は、ほぼ、あそくま号の利用客にとって、ということになると思います。

友達や家族以外は、同姓同士のお客さん組み合わせになりますが、ちょっと大きめの人が隣にくる可能性もなきにしもあらずです。そうなったら、当人さんも大変だし、隣の人も気をつかうでしょうね。

でも、友達同士なら、隣同士でも問題ないわけですから、ここは考え方次第でしょう。
(ちなみに、友達や家族同士で座れる席数というのには限りがあるようです。カップルなどに好き放題にされては困るということなのかも知れません。私は子どもと二人がけで申し込みしましたが、前から3番目の座席でした。)

狭さのみならず、退屈なのでどうすごすか、については3で述べたいと思います。

↓↓あそくま号のシート。
これは三月に乗ったときのシートで、今回はくまもんではなく、ブルーでした。

f:id:honeysuckle01:20130823170624j:plain

 

2. リクライニングやレッグレストがいまいち(あそくま号)なことについて

 1に関連してですがサンライズ号に関しては、リクライニングもレッグレスト、フットレストもあり、ゆったりと過ごすことができました。あそくま号はレッグレスト、フットレストがありませんのでちょっとつらいと思いますが、私の乗った便は平日でお客さんが少なく「空いている好きな席へどうぞ」と言われ、みなさん二人がけの席をひとりでゆったりとお使いでした。(これも運次第なところはあります。)

小さなエア枕を用意したり、携帯用のフットレストを持ち込むだけでもだいぶ違います。通販で格安で取り寄せられるので、一度そろえてみてはいかがでしょう?

 

3. 長い時間をどう過ごすのかについて

  読書灯がありますので、1冊文庫本を読みきってはいかがでしょう。その頃にはきっと眠くもなることでしょう。キンドルKOBOみたいなものを持ち込んでいる人もいますよ。

ネット環境はスマホを持っている人ななら楽しめるのではないでしょうか。「Wi2 300無線インターネット(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)」「au Wi-Fi SPORT」で、Wi-Fiが使えます。(有料)au以外の人はあらかじめ登録が必要なようです。
私個人はソフトバンク(iPhone4s)で3G利用ですが、以前に比べて電波が入りやすくなりましたので長いトンネルの中もさほど電波の途切れは気になりませんでした。コンセントもありますので、充電も可能です。


スマホにしても読書灯にしても、周りの人への配慮は必要ですね。

4. トイレが狭い(あそくま号)ことについて

  これは、背の高い人にはちょっと厳しいです。こればっかりは物理的な問題もあるので、なんともなりません。ちなみにサンライズはまぁなんとかなると思いますが、あそくま号のトイレは158cmの身長の私にも、あと5cm背が高ければ頭がぶつかるんじゃないかと心配になりました。ただし、トイレ休憩もありますので、心配な方向けにとりあえず設置してある感じです。トイレの写真も撮ってきましたので、後ほどレポートします。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク